先輩インタビュー Vol.2

自分自身の成長に限界はない
“会社”の枠を飛び越え、視野が広がった

アフラック・コンサルタント前職旅行業界

旅行業界から保険業界へ。業界未経験でもチャレンジできる

私はアフラック・コンサルタント(以下AC)に転職する前は、旅行代理店で10年間働いていました。営業として十分な経験を積み、何か新しいことに挑戦したいと思い始めたのが転職のキッカケでした。自分のスキルを上げるために、独学でFP(フィナンシャル・プランナー)の資格を取得するなど準備をしていました。

最初は保険業界への転職は考えていませんでしたが、知人からの勧めでアフラック保険サービスの説明会に参加することになったのが、当社との最初の出会いです。「保険業界か・・あまり気がすすまないなぁ」というのがその時の本音。というのも、保険と聞くと身内まで勧誘するほどの厳しいノルマや、お客様のためにならない商品まで売らなければならないというイメージがあったからです。

しかし、説明会に参加して、そのイメージは覆されました。

お客様のライフイベントに合わせた提案ができることはもちろん、訪問先となるお客様情報を一定数会社がサポートしてくれます。本当に必要とされる商品を、真心を込めて提案ができる。業界経験がない私でも「やりたい」と思いました。

ACに必要なのは“自ら学ぶ姿勢”

入社当初につまずきがあったものの、1年目から確実に成績を上げることができ、多くのお客様とのご縁をいただいてきました。ここまで多くのお客様に出会えたのは会社からのサポートもありますが、“自ら学ぶ姿勢”を持ち続けることで自分自身を成長させ、お客様からの信頼を得ることが出来たからだと思います。

「生命保険業界は個人主義」というイメージを持っていましたが、当社においてはそんなことはありませんでした。周りのACの仕事に対する姿勢や成功事例なども共有する場があり、とても刺激になります。皆で成長して一緒に高みを目指すといった雰囲気です。自ら先輩に質問をして情報収集を行ったり、成績優秀者の講演や支社での勉強会も頻繁に開催されたり、仲間のACから学ばせてもらうことも多いです。
すべてのACが切磋琢磨しながら、“アフラックというブランドに誇りを持ち、そのブランドを守る”そのような意識で日々の仕事に取り組んでいます。
学ぶことや自分自身の成長に限界はなく、ACに転身して格段に視野が広がりました。

お客様の「人生」に寄り添える仕事

ACとして活動する中で、お客様からご契約をお預かりする際にご契約内容を正しく理解していただくことはもちろんですが、いざお客様が保険会社から保険金を受けるとなったときにご満足していただけることを考えています。そのために社会保障などの知識だけではなく、医療の知識・情報を常にアップデートしています。

万一お客様ががんに罹患された場合、精神的に不安な中で、今後の治療方法などたくさんの選択を迫られます。そんな時に私自身に医療の知識があれば、お客様に噛み砕いて説明をすることができ、お客様がより納得した治療方法を選択していただけるお手伝いをすることができます。
ACとして働く上で、社会保障などの知識を机上で学ぶことは当たり前ですが、お客様の不安や悩みに寄り添うことができるようなACを目指しています。

加えて、お子様の独立などお客様のライフステージの変化とともに世代を越えたお付き合いができ、お客様の人生に寄り添える仕事でもあります。

仕事と育児の両立が叶う恵まれた環境

転職後に子供が二人生まれ、今は保育園の送り迎えをしたり、週3~4回お風呂に入れたりと家族と一緒に過ごす時間が増え、仕事と育児を楽しんでいます
妻も会社員として働いていますので、相談しながら時間のやりくりをしています。私の今の働き方は、お客様のご都合を伺いながら自身のスケジュールを組み立てているので、比較的スケジュールの調整がしやすいため、子供の行事にも参加できています。

夫婦共働きで育児中の今だからこそ、ACの働き方は自分のライフスタイルにぴったりだと実感していますし、妻からも「転職してよかったね」と言ってもらえています。充実した仕事とプライベートの両立を図れる今の環境に感謝し、これからも研鑽に励んでいきます。

他の先輩インタビューを見る