保険募集管理態勢

生命保険の募集活動について

アフラック保険サービス(以下、当社)では、法令等を遵守した生命保険の募集を行うため、「募集管理規程」「募集管理体制整備要領」「適正な募集プロセス実施要領」「高齢のお客様への対応要領」を定めています。法令、会社の方針、規程、手続き等を遵守することを最優先するとともに、契約者間の公平性に配慮し、適正な営業活動を行います。

お客様のご意向の把握

保険募集ならびに契約締結の際に、お客様のご意向を把握し、当該意向に沿った個別プランをご提案の上、お客様のご意向と当該プランの対応関係についての説明を行います。また、当初のご意向と最終的なご意向とを比較いただき、相違点の確認をお願いしています。

『契約概要』『注意喚起情報』の説明

契約締結に先立ち、お客様に保険商品の内容をご理解いただくために必要な情報を記載した『契約概要』、契約のお申し込みに際して特に注意が必要な事項やお客様にとって不利益となる事項を記載した『注意喚起情報』を、書面でお客様にお渡しした上で、十分な時間を確保してご説明します。

『ご契約のしおり・約款』の交付

対面でのお申し込みの場合は、契約前に『ご契約のしおり・約款』を交付します。
郵送でのお申し込みの場合は、当社にて申込書を受領した後に『ご契約のしおり・約款』送付します。
契約締結後は、お客様ご自身で『ご契約のしおり・約款』を保管いただくよう、お願いしています。

『告知義務について』の説明

生命保険における告知の意義やその重要性について説明をします。

〜健康状態・職業等の告知にあたって留意いただきたい事項〜

ご契約にあたっては健康状態等について告知をしていただく必要があります。
生命保険募集人・募集代理店には告知受領権がありませんので、口頭でお話されても告知していただいたことにはなりません。
告知でお尋ねすることがらについて、事実を告知されなかったり、事実と違うことを告知いただいた場合「告知義務違反」として保険契約が解除されることがあります。
紙による申し込み、電子申し込みいずれにおいても、告知は、告知をされる方ご自身で記入・入力いただくことと定められており、生命保険募集人が代行し記入・入力することはできません。ご自身で告知ができないご事情がある場合には、実施方法を生命保険募集人にご相談ください。
保険会社からは、お申し込み後、告知内容の控えをお送りしています。内容をご覧になり、告知していない事項があった場合には、再告知の対応をご案内しますので、速やかにご連絡願います。

生命保険の契約お手続きにあたって

お客様ご自身に行っていただく必要があるため、当社社員が代行をすることができないお手続きがいくつかございます。以下の各事例に該当するようなことがあった場合には、速やかに当社、または保険会社までご連絡願います。

一例

保険料のご入金※1、クレジットカード情報の入力※2、告知書の記入※3

  1. ※1当社では、お手続きに際して、いかなる場合も現金をお預かりすることは一切ございません。また、当社社員が保険料を保険契約者に代わって負担したり、一時的に立て替える行為も禁止しています。
  2. ※2クレジットカード番号、セキュリティコードについても、当社では、お手続きに際し伺うことは一切ございません。
  3. ※3新契約全件について、契約者に対する本人確認が義務づけられておりますので、必ず契約者ご本人が署名をしてください。
    告知は引受判断の重要な事項であるため、告知欄は健康状態を正しく把握している被保険者ご本人(満15歳未満の場合は親権者・後見人)に記入していただきます。ただし、正しい告知を記入していただけることを前提として、契約者に記入いただく場合もございます(法人契約の場合は被保険者による記入のみとします)。

ご高齢のお客様に配慮した取り組み

ご高齢のお客様に対しては、保険商品をご説明する機会を複数回設けてご意向を確認する、あるいは申込書の受付け後に別の担当者がお客様のご意向を今一度確認するなどの対応を行っています。